ファミコンおやぢのアイロンビーズ大好き♪

レトロゲーム好きな中年サラリーマンのパーラービーズ日記。懐かしのゲームの雑感など。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウソテク_シティコネクション_じゃじゃ丸

新年最初の作品は、「ファミマガ」こと「ファミリーコンピューターMagazine」に掲載されていた
忍者じゃじゃ丸くんのウソ技です。

この技は、シーン1の始まりからクリアするまで2コントローラーのマイクに向かって
「じゃじゃ丸、じゃじゃ丸、じゃじゃ丸・・・」とひたすら歌い続けると
シーン2でじゃじゃ丸が「シティコネクション」のクラリスカーに乗って登場し、
敵(おゆき)が全てオジャマ猫に変わり、敵にぶつかるだけでクリアできるというものです。

いやぁ~。この技にはスッカリ騙されましたねー!
ちなみに自分は、当時 声が枯れるまで歌い続けました!笑

「猫にシティーが突っ込んだら逆に1missだろ!」と妙に冷静なツッコミした友人でさえ
「歌い方が悪いんかなぁ?」としばらく歌っていた事が思い出されます^^

今回作成に当たって、ファミコン版ではなくアーケード版のイメージを参考にしてアレンジしました。
なので「じゃじゃ丸くん」(ジャレコ)ではなくて「忍者くん」(UPL)となっています。
ドットを打ち直している箇所がいくつかありますがアレンジということでお許しくださいませ^^

ウソテク_シティコネクション_じゃじゃ丸_製作過程

今年から作品の裏面からアイロン掛けする事に決めたのですが
いつものクセで、表面から勝負してしまいました。。。
なので裏面は無駄にキレイな仕上がりとなっています笑
スポンサーサイト


全キャラクター_じゃじゃ丸

忍者じゃじゃ丸くんより全キャラクターです!

キュートなキャラクターばかりなので女性のファンも多かったのではないでしょうか^^

さて、合計12枚のコースター。一体どうやってつかいましょう?
作ったは良いけど家にこんなに客人は来ないんですよねぇ笑

尚今回、火の玉やアイテムはあえて割愛させて頂きました^^
みなさんも機会があったらぜひ遊んでみてくださいませ♪


Please look up manual site for details!

Ninja Jajamaru Kun
http://strategywiki.org/wiki/Ninja_Jajamaru_Kun

げーむのせつめいしょ(仮) : Japanese site
http://www.geocities.jp/frnyanko/setsumei/index.html
皿女_百目

忍者じゃじゃ丸くんより「皿女」と「百目」を作ってみました!

実は、これは最後まで悩みました。。。
配色もそうなんですが、作成するかどうかについてもです笑

というのも、ゲーム中人気があった二大キャラクター。「おゆき」と「ピン坊」を
アーケード版に移植するにあたって、「皿おんな」と「百目」に差し替えられたのが当時不評だったからです…

決して悪くないデザインだと思いますが、いかんせん期待を裏切られたファンが多かったみたいですね。
また後年、待望のWindowsPC版ではアーケード版からの移植だったのでがっかりした方も多かったと聞きます…
そんなじゃじゃ丸くんファンのほろ苦い思い出を甦らせやしないかと悩んだのです笑

百目。目玉を投げ付ける妖怪という意味では、実はピン坊よりも百目の方が目玉の数から見ても適役かもしれません笑
おゆきの降板に関してはサッパリ理由が解りません。
全国二千万人のリアルおゆきさんから苦情の電話が殺到したのでしょうか…


Please look up manual site for details!

Ninja Jajamaru Kun
http://strategywiki.org/wiki/Ninja_Jajamaru_Kun
おゆき_カクタン

忍者じゃじゃ丸くんより「おゆき」と「カクタン」を作ってみました!

おゆきは言わずと知れたゲーム中 最弱の敵キャラクターです。
アーケード版では、まさかの降板だったので嘆いたファンも数多かったとか(伝聞)
そんなファンの方々のために、今回は慎重に作成しました笑
配色に至っては地味に三回程やり直してます笑

一方、ゲーム中 最強と名高い カクタン はあろうことか壁を投げてきます!
一見絶望的なシチュエーションですが、投げて来た壁は手裏剣で相殺できるので
気絶させてからやっつけてください^^

ちなみに気絶させるとディスクシステムのイメージキャラクター「ディスくん」に見えるのは気のせいです笑


Please look up manual site for details!

Ninja Jajamaru Kun
http://strategywiki.org/wiki/Ninja_Jajamaru_Kun
ヘドボン_ピン坊

忍者じゃじゃ丸くんより「ヘドボン」と「ピン坊」を作ってみました!

ヘドボン。初登場の7面で、あの25万7000点ボーナスが取れます♪
他に特筆すべき事はありません笑 
ヘドボンの投げる骨ってそんなに速かったかなぁ。。。

キュートなピン坊の笑顔に癒されていたらゲームはいつまで経っても終わりません笑
見かけによらずタフな妖怪で、気絶させないと手裏剣が全く効きません><

彼は なんと、一つしかない目玉を飛ばしてきます!!
アーケード版で降板させられたのは
「目玉を飛ばした後、のっぺら坊にならないのはナゼ?」
という質問が相次いだためだったのかもしれませんね笑


Please look up manual site for details!

Ninja Jajamaru Kun
http://strategywiki.org/wiki/Ninja_Jajamaru_Kun
クロベエ_カラカッサ

忍者じゃじゃ丸くんより「クロベエ」と「カラカッサ」を作ってみました!

クロベエは鎌を投げてくるのですが、当時は
「忍者くんのダルマの方が良かったなぁ」と思ったものでした。
でも直ぐにそんな事は考えなくなりました。これはひとえにキャラクターのカワイらしさの勝利かと思われます^^

カラカッサは履いている下駄を飛ばしてきます。
一足しか履いてないのに無尽蔵に飛ばせるのは、きっと妖力のなせる業なのでしょう^^;
初登場の面の最上段で、三角飛びをしながら親のカタキのごとく下駄を連射している様を
目のあたりにして関わりたくないなと思ったのは私だけでは無いハズ笑


Please look up manual site for details!

Ninja Jajamaru Kun
http://strategywiki.org/wiki/Ninja_Jajamaru_Kun
さくら姫_じゃじゃ丸

忍者じゃじゃ丸くんより「さくら姫」を作ってみました!

もう一方のさくら姫(右側)は続編の「じゃじゃ丸の大冒険」からです。
なぜ2つ作ったかというと続編のストーリーの出だしが実に衝撃的だったからです!

冒頭のみ引用:
-------------------------------------------
助け出した さくら姫は にせものだった!!
-------------------------------------------


そんなばかな!!笑
 
でも何か違いがあるかもしれないと作ってみたわけです。
微妙な違いが見られるものの、果たしてそれらが本物と偽者の違いなのか
ファミコンおやぢの知るトコロではありません。。。

参考までに7面で彼女が花びらを落とす前に下から頭突きすると
彼女がピョンと飛び上がった後、25万7000点ボーナスが入ります^^

聞いた話によればアーケード版にはこの技は無いそうです。


Please look up manual site for details!

Ninja Jajamaru Kun
http://strategywiki.org/wiki/Ninja_Jajamaru_Kun
なまず太夫_じゃじゃ丸

忍者じゃじゃ丸くんより「なまず太夫」と「じゃじゃ丸くん」を作ってみました!

三省堂のオンライン辞典によれば太夫というのは元々「能楽の家元の称号」
「神主・禰宜(ねぎ)などの神職の称」「神社の御師(おし)の称」らしいです。

妖怪軍団を束ねるには、位の高さが必要だという事なのでしょうか。

また「最高位の遊女の称」らしいのですが、さすがに女性はないですよね。
でも、ひょっとしてひょっとするかもしれません笑

海外のサイトで"Catfish Pirate"(なまず海賊)と翻訳してる方が居まして、
「ウマイ!翻訳心があるなぁ!」と思わず感心してしまいました。

さて、この忍者一族の裏切者のなまず太夫が
われらがアイドルさくら姫をさらった事から話が始まります!

立ち上がったのは忍者くんの弟「じゃじゃ丸くん」です。
果たしてじゃじゃ丸くんは妖怪たちを倒して
悪のなまず太夫から さくら姫を救いだせるのでしょうか!!


Please look up manual site for details!

Ninja Jajamaru Kun
http://strategywiki.org/wiki/Ninja_Jajamaru_Kun
じゃじゃ丸_なまず太夫_さくら姫

大きめの作品 第2弾は忍者じゃじゃ丸くん です。
このゲーム。忍者くんの続編的作品になるわけですがメーカーが違います。

各面に異様に強い敵が1匹だけ居るのは忍者くんと同じですが
隠しアイテムと罠、そして敵妖怪をカエルに乗って飲みまくるガマパックン、なまず太夫との決闘など
ジャレコアレンジが冴え渡ります!

ちなみにさくら姫(本物)と大きいなまず太夫は続編の「じゃじゃ丸くんの大冒険」からセレクトしました。
「こっちのゲームは横スクロールになっただけで今ひとつだったなぁー。」
なんてコトを考えながらアイロン掛けしていたら久し振りに大失敗してしまいました。。。

ジャレコさんゴメンナサイ!


じゃじゃ丸_製作過程_01

表面から勝負するのが、おやぢ流!!

じゃじゃ丸_製作過程_02

と、ここまでは良かったのです。(右下のコースターは初期作品でドット打ち間違ってます笑)

じゃじゃ丸_製作過程_失敗_01

うぎゃあぁぁぁ~っっ!!根尾活断層かーっっ!(岐阜県民)

じゃじゃ丸_製作過程_失敗_02

ここもかあぁぁぁ~っっ!!養老活断層かーっっ!(岐阜県民)

掃除機

と、こんな風にやり直してみたい気分です笑
裏面からアイロン掛けしたら良かったな。。。
タグクラウド
Tag Cloud
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。